Anker、初の家電製品となるロボット掃除機「Anker RoboVac 10」

Anker RoboVac 10 Anker RoboVac 10 Anker RoboVac 10

アンカー・ジャパンは、ロボット掃除機「Anker RoboVac 10」を発表。6月11日よりAmazon.co.jpにて販売を開始する。

モバイルバッテリーなどを手がけてきた同社として初となる家電製品。ボタン操作1つで簡単に清掃することが可能のほか、モード切替により、部屋の形に沿って最適な清掃方法を選択することができる。

また、2600mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、吸引力は変わらずに、約100分間の連続使用が可能だ。充電が必要な場合は、自動で充電ステーションに戻るようになっている。

さらに、サイドブラシ、回転ブラシ、強力な吸引力の組み合わせによって部屋の隅々まで清掃することが可能。ゴミやホコリは効率的に吸収され、ダスト容器に集められる。

このほか、落下感知センサーを搭載。本体サイズは310(幅)×76(高さ)×310(奥行)mm。重量は約2.3kg。専用リモコンや充電ステーションなどが付属する。

なお、Amazon.co.jpでは発売記念特価として、6月11日の1日限定で20%OFFで販売する(在庫がなくなり次第終了)。

価格は、発売記念特価が20,088円、通常価格が25,110円。